1日1ジョーク

創作アメリカンジョークを公開しています。1日1更新。

電車

f:id:yohhh:20190127132832j:plain


混雑している電車内。ある男が目の前に立っている老人を見上げて口を開いた。

男「席をお譲りしましょうか」

老人「え?」

男「立っているのはお辛いでしょう」

老人「いえ、結構です」

男「まあ、そう遠慮せずに」

老人「いや、でも」

男「分かりました。私が勝手にここをどきます。それなら気がとがめることもないでしょう」

男はそう言うと席を立ち、颯爽とドアの近くへと移動していった。

老人は男に向かって何か言おうと口を開きかけたが、その言葉は車内アナウンスにかき消された。

アナウンス「まもなく、終点です。お出口は右側です――」