1日1ジョーク

創作アメリカンジョークを公開しています。1日1更新。

お化け屋敷

f:id:yohhh:20190212211955j:plain


とある遊園地にあるお化け屋敷。

その出口から、AとBの二人が出てきた。

A「なかなか怖かったな」

B「まあな。でもお前、いくらなんでも怖がり過ぎだろ?」

A「はあ? お前の方が怖がってただろ?」

B「いやいや、絶対お前の方が怖がってたって」

A「お前なんて絶叫してたじぇねえか」

B「あれは単にびっくりしただけだろ。お前みたいに必死に逃げ回ってねえし」

C「二人で何を言い争っているんだい?」

合流したCが二人に聞いた。

AとBの二人は、互いに相手の方が怖がっていたと主張した。

C「ハハハ」

話を聞いたCは高笑いをした。

C「それは、五十歩百歩というやつだね」

A「五十歩百歩?」

C「昔、戦場で五十歩逃げた人が、百歩逃げた人を臆病だと笑ったんだ。だけど、二人とも逃げたことには変わりないから、傍から見ればどっちもどっち。それと同じで、二人とも怖がっていたのは同じなんだから、まさに五十歩百歩だね」

それを聞くとAは怒って反論しようとしたが、Bが先に言った。

B「へえ。さすがC、物知りだな。そんな博識なCに聞きたいことがあるんだが」

Bは質問した。

B「怖気づいて戦場に行かなかった奴のことは、なんて言うんだ?」