1日1ジョーク

創作アメリカンジョークを公開しています。1日1更新。

ネズミ駆除

f:id:yohhh:20190127132817j:plain


あるところに、ネズミが大量発生して困っている街があった。人々はネズミを排除するために猫を飼ったり、ネズミがいやがるとされる音波を出す装置を設置したり、様々工夫をこらしたがあまり効果はなかった。

そんなある日、街で一番大きく、その分ネズミも数多くいる屋敷にセールスマンがやってきた。

セールスマン「我が社は捕獲率100パーセントのネズミ取りを発明しました」

主人「君、そんな調子のいいことをいって、本当に捕まることができるのかね。この街のネズミはとても賢いのだぞ」

セールスマン「ご安心ください。我が社の罠は踏んだら最後、逃れる術はありません。とはいっても、言葉だけでは信じられないとお思いでしょうから、我が社は歩合制でやっております」

主人「歩合制?」

セールスマン「はい。我が社のほうでおうちの隅々に罠を設置をさせていただき、捕まえたネズミの数だけ報酬をいただいております」

主人「なるほど」

セールスマン「もちろん、一匹も捕まらなかった場合は一銭もいただきません。商品に自信を持っているからこそできる商売なのです」

主人「わかった。君のところにお任せしよう。だけど、一つだけ気になることがあるのだが」

セールスマン「なんでしょう?」

主人「我が屋敷は何匹かペットの猫を飼っていてな。ペットが罠にひっかからないか心配なんだが」

セールスマン「ご安心ください」

セールスマンは言った。

セールスマン「もちろん、ネズミ以外の料金をいただくことはありません」