1日1ジョーク

創作アメリカンジョークを公開しています。1日1更新。

歯医者

f:id:yohhh:20190127133430j:plain


ある男が虫歯を治療するために歯医者にやってきた。

歯科医は男を治療台に座わせると、タオルで目を隠し、男の右側に立って治療を始めた。

歯科医「では始めます。痛かったら左手を挙げてくださいね」

男「分かりました」

しかし、歯科医が治療を始めると男はゆっくりと右手を挙げ始めた。

歯科医「痛いですか?」

歯科医が問いかけると、男の手が治療中の歯科医の腕にあたった。

歯科医は慌てて治療を止め、男を叱った。

歯科医「痛いときは左手を挙げてください。治療中は危険なので、右手は動かさないでください」

男「すいません、今の右手でしたか」

歯科医は再び治療を始めた。しかし、しばらくすると男は再び右手を宙に浮かせ始めた。

歯科医は治療を止めて言った。

歯科医「痛いときは左手を挙げてください」

男「はい、分かってます」

歯科医「ホントですか?」

半信半疑で歯科医は治療を続けたが、案の定男は再び右手を挙げ始めた。

歯科医は治療を止め、男の目元にかけられたタオルをとった。

歯科医「失礼ですが、左手がどちらかお分かりでしょうか」

男「馬鹿にしないでください、それくらい分かりますよ。・・・こっちでしょう?」

そう言うと男は歯科医の左手を掴んだ。