1日1ジョーク

創作アメリカンジョークを公開しています。1日1更新。

チワワ

f:id:yohhh:20190127132821j:plain


A子は3歳の息子ユウトを連れ、幼稚園で知り合ったB子の家に遊びに行った。

B子の家は大きな一軒家で、A子が少し気後れを感じながら呼び鈴を鳴らすと、B子が娘のマナミと一緒に出迎えてくれた。

マナミは元気いっぱいの女の子で、A子たちがお邪魔するなり、ユウトを連れて庭へ飛び出していった。

残されたA子はB子とリビングでお茶を楽しみ、久しぶりに優雅な時間を過ごした。

しばらくしてB子がお手洗いに立ち席を外していると、マナミが一人で戻ってきた。

A子「あら、ユウトは?」

B子の娘「ユウ君は庭でうちのチワワと遊んでるよ。あの子、ユウ君のこと気に入っちゃったみたいで、今は抱っこしてもらってるの。それで私、やることなくて暇になっちゃって」

A子「そう」

A子が息子が動物に好かれたことを嬉しく思っていると、マナミはテレビをつけた。

ちょうど番組でチワワが映っており、マナミは興奮してテレビにかじりついた。

B子「あらマナミ、ユウト君は?」

戻ってきたB子が声をかけるが、マナミはテレビに夢中で聞いていない。

B子「こら、聞いてるの?」

A子「よっぽどチワワが好きなのね」

A子が微笑ましく思って言うと、B子は言った。

B子「ええ、好き過ぎて困ってるのよ。この間なんて、うちで飼ってたドーベルマンの名前を勝手にチワワに変えちゃって…」