1日1ジョーク

創作アメリカンジョークを公開しています。1日1更新。

もっとアメリカンジョークを読んだほうがいい7つの理由

読んで楽しいアメリカンジョーク。

でも、アメリカンジョークを読むメリットは、楽しさだけじゃないのです。

そんなアメリカンジョークを読むメリット7つをまとめました。

メリット1 脳トレになる

ぼーっと読んでいてもアメリカンジョークは理解できません。

アメリカンジョークを理解するためには、複雑な情報を処理する必要があります。

ジョークを読んでいるとき、あなたの脳はフル回転しているのです。

メリット2 想像力が豊かになる

アメリカンジョークは文字情報だけです。

映画と違って映像がありません。

だから読者は頭の中に映像を思い浮かべる必要があります。

さらにその映像は、オチを見るとまったく別のものに変わります

最初と最後で、見ている景色がガラッと変わるのです。

これは、映画では表現できません。

主人公は最初は少年だったのに、実はおじさんだったということは許されないのです。

想像力があれば、最新のCGや映像技術を超えることができるのです。

映画にはできない体験を、想像力が可能にしています。

ジョークを読んでいるとき、あなたの想像力は映画を超えているのです。

メリット3 相手の立場に立って物事を考えられるようになる

オチを理解するためには、ときには相手の立場に立つ必要があります。

自分の方向からだけ見ていても、オチは理解できません。

ジョークに出てくる人物はたいていおバカです。

思い込みが激しく、手段と目的をごっちゃにし、本質がわかっていないです。

オチを理解するためには、彼らの視点で物事を考える必要があります

彼らがどう考えてそのような行動に至ったか理解する必要があるのです。

そんなバカな人間は現実に存在しないから、彼らの考えが分かっても意味がないと思うかもしれません。

しかし、現実にもそんな人はいます

しかも、一部の人たちだけがそうだというわけではありません。誰もがそんな人になる可能性があります。

環境や状況によって、誰もがジョークのような行動をとってしまうのです。

新入社員は、右も左もわからない状況です。

「コピーを10枚印刷して」と言われたら、言われた通りコピーを10枚印刷します。

10枚印刷し終わったあとに、用紙のサイズ設定が誤っていたことに気づくのです。

最初に1枚試し刷りするのは社会人なら常識かもしれません

しかし、言われたことだけこなすのに一杯一杯の新入社員にはそんなこと分かりません。

「普通こうするでしょ」「なんでそんなことが理解できないの」

こんなセリフをいくら口にしたところで、問題は解決しません

相手の立場に立ち、どうしてそういう行動に至ったかを理解しないと、改善策は立てられないのです。

そのためには日頃から相手の立場に立って物事を考える訓練をしておく必要があります。

訓練と言っても、堅苦しく考える必要はありません

ジョークを読めば、いろんな人の立場で物事を考える癖が自然と身につくのです。

メリット4 論理的思考能力が身につく

ジョークのオチは、論理力がないと気づけません。

オチの言葉がどういう事実を意味するのか考える必要があります。

論理的に考えた結果、意外な事実にたどりついて笑うのです。

一度オチに気づくと、次のジョークも読みたくなります

知らない間に、論理的思考能力を養う反復練習を行っているのです。

論理的思考能力というと、身構える人が多いと思います。

何か特別な訓練をしないと会得できない感じがするからです。

しかし、そんなことはありません

論理的思考能力を身につけるのに、なにも堅苦しい本を紐解く必要はありません

ジョークを読めば、論理的思考能力が自然と身につくのです。

メリット5 フラットな視点を持てる

ジョークのオチは、予想外のものが多いです。

オチを予想外にするために、ジョークを作っている人は読者の思い込みや常識を利用しています。

誰かが「学校に行きたくない」と口にしていたら、その誰かは生徒だと普通は思うでしょう。

しかし、その誰かは先生の可能性があるのです。

天使が現れて願い事を聞かれたら、その願い事を叶えてくれると普通は思うでしょう。

しかし、ただアンケートをとっているだけの可能性があるのです。

妻が交通事故に遭って亡くなったことを知ったら、夫は悲しむに違いないと普通は思うでしょう。

しかし、逆に喜ぶ可能性があるのです。

ジョークを読むと、自分がいかに常識に縛られていたか思い知らされます。

自分の考えが、偏見や思い込みによって成り立っていたことに気づきます。

ジョークを読めば、フラットな視点で世界を見ることができるようになるのです。

メリット6 視野が広がる

アメリカンジョークの登場人物はハチャメチャです。

常人にはできない発想をします。

ジョークの世界には制約がないからです。

ジョークの世界には社会常識、道徳、善悪、倫理、タブーといった壁がないのです。

現実世界ではさまざまな制約があります。

口にするのはもちろん、妄想すら許されないことがあります。

世の中に出回っているものには、なんらかのフィルターがかかっています。

制約の中からは、新しい発想は生まれません。 

自由なジョークに親しむことで、あなたの視野は広がるのです。

メリット7 人生がドラマチックになる

アメリカンジョークは奥が深いです。

最初に見たときと二度目に見たときでは、別の感想を持つことがあります。

気づきがたくさんあるのです。

アメリカンジョークを読むときは、意味を見出そうとします。

この文章にはどういう意図が隠されているのだろうと、行間を読み取ろうとします。

そうした考え方の癖は、いつしか習慣になります

アメリカンジョークを読んでいるときだけでなく、現実世界でも同じことをするようになるのです。

意味を見出そうとすると、イライラする余裕がなくなります

例えば、カフェで無愛想な店員に出会ったとします。

アメリカンジョークを読む人は、なぜこの人は無愛想なのか考えてしまいます

自分に対してだけではなく全員に同じ態度なのか、今日だけでなく普段もそうなのか気になってしまします。

普段から愛想が悪かったとしたら、バイトの面接はどうやって通ったのでしょうか。もしかしたら、店長の弱みを握っているのかもしれません。

いつの間にかドラマが始まっています。もう注文どころではありません。

アメリカンジョークを読むことで、あなたの人生はドラマチックになるのです

アメリカンジョークを読むメリット7つ まとめ

アメリカンジョークは読んで楽しいだけではないことが伝わりましたでしょうか。

ぜひ皆さんも素晴らしいアメリカンジョークライフをお過ごしください。