1日1ジョーク

創作アメリカンジョークを公開しています。1日1更新。

アメリカ人と日本人、笑いのセンスはどちらが上か

「アメリカンジョークがつまらない」→「こんなもので笑えるなんてアメリカ人は笑いのセンスが低い」

という図式は必ずしも成り立たないというお話を以前しました。

www.1day-1joke.com

ですが、アメリカ人の笑いのセンスは日本人と比べて実際どうなのか、気になるところだと思います。

そもそも日本人とアメリカ人では感性が違うと言ってはそれまでですが、アメリカ人と日本人、ずばりどちらがお笑いのセンスが上か考えてみましょう。

アメリカと日本のお笑いの違い 

アメリカのお笑いと日本のお笑いの違いについて 、爆笑問題の太田光さんが興味深い話をしていました

その要旨は、アメリカは他人を貶める笑いしかできないが、日本は自虐的な笑いができるとのことでした。

例えばアメリカではドナルド・トランプ氏が大統領に就任してから、トランプ大統領をディスるジョークが多発しています。

しかし、トランプを当選させてしまった自分たちを自虐するジョークはありません

トランプ大統領をけちょんけちょんに非難しておきながら、そんな彼を国のトップにしてしまった自分たちの愚かさをジョークにすることはないのです。

一方日本のお笑いには自分たちを卑下したジョークがあります。

とにかく明るい安村さんの決め台詞は「安心してください、穿いてますよ」です。

一見ただの下ネタに見えますが、実はこのネタは、全裸を映すと大問題になる日本のテレビ業界を皮肉っているのです。(私自身、この話を聞くまでただの下ネタだと思ってました。思慮が足りなかったと反省しています)

このネタは、全裸が映るとテレビにクレームを入れる人たちをバッシングしたものではなく、規制でがんじがらめとなってしまった自分たちの現状をネタにしているのです。

自虐なネタもできる日本のお笑いの方が高度なのではないかというのが太田さんの主張です。*1

確かに、トランプ大統領をディスるだけなら幼稚園児にだってできるでしょう。

一方、自虐で笑いをとるのは知性が必要です。

自分の状況を客観的に見る必要があります。

そういう意味では、日本のお笑いのほうがレベルが高いと言っていいのかもしれません。

ただし、それは笑わせる側に限定しての話になります。

日本のテレビは至れり尽くせり

こんなサイトを運営していますが、私は日本のお笑いが大好きです。

ナイツやサンドウィッチマンの漫才が大好きですし、

バラエティ番組などにもついつい見入ってしまいます。

根拠はないですが、私自身は日本のお笑い芸人さんは世界でトップレベルのセンスを持っていると思います。

ただし、視聴者にセンスがあるかというと疑問です。

先ほどバラエティ番組が好きだと言いましたが、やり過ぎだと思うことが多々あります。

バラエティ番組ではテロップがデカデカと表示され、「ここが笑いどころです」と丁寧に説明しています。

注目!」と画面に表示し、芸人さんがくしゃみをするのを見逃さないように教えてあげているのです。

まるで幼児に「あーん」して食べさせてあげているみたいです。

日本のバラエティ番組は至れり尽くせりです。

ある意味、視聴者を馬鹿にしているとも言えるでしょう。

「ここまで説明しないと分からないだろう」と製作者は思っているのです。 

そういう番組があふれる日本は、お笑いのセンスがあふれているとはちょっと思えません。

アメリカ人と日本人、笑いのセンスはどちらが上か まとめ

ということで、私の結論*2は以下の図式となります。

日本のお笑い芸人 > アメリカ人 > 日本の一般人

異論反論ありましたらどうぞー

*1:本文は太田光さんのお話を元に作成してはいますが、太田さんの発言の意図通りの文章にできているとは限りません。本文の責任は全て私にあります。

*2:本音では「アメリカ人でも日本人でも、センスがある人もいればセンスのない人もいる」が結論です。が、それだと記事にならないので今回白黒つけてみました。