1日1ジョーク

創作アメリカンジョークを公開しています。1日1更新。

解説は野暮なのか アメリカンジョークが日本人には馴染まない理由

アメリカンジョークで、解説は野暮とよく言われます。

解説をしないのは、分からない人にいじわるをしているわけではありません。

ジョークを台無しにしないためなのです。

ジョークは自分で意味に辿り着くからおもしろいのであって、説明されてもおもしろくないからです。

しかし解説がないことが、日本人にとってアメリカンジョークが身近なものにならない理由の一つだと思うのです。

日本人はその場の雰囲気で笑う

日本人は空気を読む民族です。

周りと協調することで生き残ってきました。

そんな中、自分一人だけ笑うのは、孤立する可能性のある危険な行為でした。

笑っても大丈夫という確証がないと笑えなかったのです。

逆に、おもしろくなくてもみんなが笑う雰囲気だったら笑います

それが協調性のある振る舞いだったのです。

漫才とアメリカンジョークの違い

日本のお笑いの文化として漫才があります。

漫才が日本人に受け入れられたのはツッコミがあるからです。

漫才は、ボケでおもしろいことを言って、ツッコミでどこがおもしろいのか説明します。

ツッコミの役割は説明だけではありません。「ここで笑ってもいいよ」という合図でもあります。

笑うタイミングを指定してもらうことで、見ている人は安心して笑うことができるのです。

一方アメリカンジョークにはボケしかありません。

どこがおもしろいのか説明がないのはもちろん、どのセリフのあとで笑うべきなのかもわかりません。

アメリカ人は好き勝手笑う

アメリカ人は笑うのに躊躇しません

おもしろいと思ったら笑うし、おもしろくなかったら笑いません。

自分ひとりだけが笑っていてもバツが悪くなったりしません

それはアメリカが個の文化だったからです。

みんなと違くても困らなかったから、好き勝手笑えたのです。

日本も個の時代へ

日本もどんどん個の時代になってきています。

みんなと同じがよしとされてきた時代から、みんなと違うことが重視されるように変わってきました。

それなのに笑いの感性だけ昔のままなのです。

これからは自分からおもしろいものを見つける力が大事になってきます。

自分の感性を磨く必要があるのです。

笑ってはいけないトレジャーハンターで一番おもしろかったシーン

大晦日恒例の笑ってはいけないシリーズ。

そのトレジャーハンターで私が一番おもしろかったのは、細川ふみえさんの隣にいたおばさん(マネージャー?)でした。

そのときガキ使メンバー5人は控室にいて、細川ふみえさんに番組出演のオファーをしているVTRが流れていました。

このとき細川ふみえさんの隣にいたおばさんのリアクションがいちいちおもしろかったのです。

ただ、このおばさんのくだりはVTRの製作者の意図した笑いではありませんでした*1

メインは細川ふみえさんで、おばさんはたまたま写っていただけなのです。

それをダウンタウンの浜田雅功さんが見つけました。

最初、誰も笑っていないシーンで浜田さんが一人だけ笑っていたのです。

浜田さんだけが笑いどころに気づいたのです。

これだけで、浜田さんにツッコミの才能があることがわかります

浜田さんがいなければ、この笑えるシーンは見過ごされてしまったかもしれません。

誰も気づいていない笑いどころを見つける

それが笑いの大事な才能のひとつだと思います。

笑いの感性を磨こう

上記の浜田さんの才能は、芸人さんだけに必要なものではありません。

私たち誰もが必要なものです

笑いに気づく能力があれば、自分が楽しいだけでなく、場を明るくすることができます

笑いの感性を磨き、自分だけのおもしろポイントを見つけましょう。

まとめ

ジョークに解説は野暮ですが、日本人にとっては解説がないととっつきづらいのも事実。

最初は解説があってもよいと思います。

ただ慣れてきたら、是非自分でどこがおもしろいのか考えてみましょう。

補足 解説は野暮と言われるもう一つの理由

解説がされない理由は、説明されてもおもしろくないからという他に、実はもう一つあります

それは、正解が一つとは限らないからです。

説明をすると、解釈が限定されてしまいます。

だけど、本来は人の数だけ解釈があって良いのです。

場合によっては、作者の想定していた解釈でなくてもよいのです。

そのあたりことを下記の記事に書いていますので、もしご興味があれば読んでみてください。

www.1day-1joke.com

*1:さすがに意図してできないとは思いますが、本当のところはどうなんでしょう。でも、ガキ使のスタッフだったら、そういう良い意味でのアクシデントが起きるのは狙ってそうですね